<< LEC 全日本診断士公開模擬試験(7/7,8) | main | 【亜細亜戦記2007】神兵パレンバンに……降下す。 >>
スポンサーサイト
category: -

一定期間更新がないため広告を表示しています

-, -
【亜細亜戦記2007】中澤佑二の変貌、日本代表の展望。
category: スポーツ(サッカー)
アジアカップも準々決勝。
グループリーグの組み合わせに恵まれた日本としては、
ここからが本番と言ってもいいくらいである。

さて、よくよく日程を見てみると、移動や試合間隔の面で日本(もしくはベトナム)が有利な日程になっているのがわかる。
前回王者のささやかな特権、といったところか。

そのせいばかりではないが、オーストラリアを破ったこの試合は、優勝までの道程をいっそうくっきりと浮かび上がらせることとなった。
準々決勝は事実上の決勝戦と言っても過言ではないオーストラリアとの対戦。
メディアはこぞって『カイザースラウンテルンの雪辱』を取り上げるが、
率直なところタイで消耗しきったあとにハノイにやってきた「サッカールー」にそれほどの脅威は感じられなかった。
欧州でプレイする選手が多く、またアジアカップも初参戦、W杯アジア予選も経験していない選手たちに、夏の東南アジアでの長期間にわたる大会が与えるハンデは想像に難くない。

事実、攻撃の柱ビドゥカは全く仕事をできずに途中交代し、他にも足が限界を迎えている選手、苛立ちからラフプレイに走り退場に追い込まれる選手が散見された。
対して日本は暑さにも相手の圧力にも負けず辛抱強く戦い抜いた。
一時は先制されたが、足の止まりつつある相手に臆することなく、すぐに追いつくとその後も攻勢を強めた。
本来ならば90分でかたをつけなくてはならない試合。
そう言う意味では相手選手の退場も痛かったが、ペナルティエリア付近での細かい連携と、サイドからのクロスの質が課題か。

結果、最後まで日本は勝ち越し点を奪えず、PK戦突入。
オシムの言うとおり、えてしてこういった場合は試合で分が悪かったほう、すなわちPK戦に持ち込めて御の字というチームが勝つものなのだが、アジアカップ2連覇を成し遂げた日本の守護神はもはや、そのような一般論を吹き飛ばしてしまうような存在感を纏っている。
高原が外して一度は悪い流れになったが、最後は中澤が決めて『案の定』日本が準決勝進出。


大会前の不安としては、W杯からまだ1年、中田英寿の抜けたチームは3年後を見据えた再構築の初期段階にあり、代表経験の浅い選手が多いことや、その中でもさらに闘莉王、播戸のようなアジアでの戦いを知っている選手が抜けたことといった不安材料が多く、どこかでコロンと負けてしまうのではないかという不安があり、実際に1度も無失点で終えることのなかったグループリーグでの戦いはその不安を裏付けるものだった。

そんな日本代表にあって光ったのは、やはりアジアカップの優勝経験者の力。
とりわけ中澤佑二の名を挙げておきたい。
この日の中澤はいつになく、自らのドリブル突破やリズムを変えるロングフィードなど、ビドゥカを完璧に封じるその一方で、攻撃面においても最終ラインからメッセージを発し続けていた。
PK戦の立役者はこれまた2連覇経験者の川口だったが、120分の戦いを優位に終えたのは、恵まれた体格を生かした高さや1対1の守備だけではなく、豊富な経験に裏打ちされたクレバーな試合運びとリーダーシップを身につけた中澤佑二、その人だったのではないだろうか----


アジアカップも残り2試合、中澤、川口に中村俊輔、この日同点ゴールの高原を加えた優勝を知るメンバーと若い選手の融合の中で、日本代表はさらなる高みへと上りつめられるだろう。
comments(0), trackbacks(0)
スポンサーサイト
category: -
-, -
}
Add a comment.
name:

email:

url:



Trackback.
url:
Recent Entry.
Category
Archives
Comment

Profile
Calendar
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Search
Recommend
Friends
Links
URAWA Red Beans 《浦和赤まめ日記》
田口壮オフィシャルサイト
アブラブログ
Jリーグの観客動員数を語るblog

※world wide webにおいて一般に公開されているコンテンツに対するリンクはすべからく自由であるべきだとの観点に立ち、特にリンク申請等は致しておりません。
Mobile
qrcode
Sponsored links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM