スポンサーサイト
category: -

一定期間更新がないため広告を表示しています

-, -
回帰?
category: 日記・雑感
livedoor blogに戻ろうかと思案中。
Amazonにリンクが張りやすいのがよい。
comments(0), trackbacks(0)
せめて、25歳らしく
category: 日記・雑感
いつの間にか25歳になりました。
20代ももう後半です。
いろんな人を「四捨五入したら30歳」と呼ばわっていたしっぺ返しを食らっています。

正直なところ、こんな歳まで生き永らえるとは思っていませんでした。
特に根拠はないのですが、23歳くらいでうっかり命を落とすような気がしていて、それから先のことは深く考えずに生きてきました。

25歳。もう決して若くはない自分を感じます。
体力の衰えは不摂生に尽きると思いますが、
頭が悪くなっていくのが自分にとっては耐えがたいことです。
実は高校に入るあたりから衰えは感じていましたが、
小学生の頃に比べると、頭の回転、発想力、知識の吸収力、
そういったものが恐ろしく衰えているのを感じます。


とは言え生き永らえてしまった以上、
それなりに充実させて生きていこうとは思っています。

25歳を、いかに生きるべきか。
先人たちの25歳を覗いてみました。

【日本史】
織田信長……尾張国を掌握。桶狭間の戦い目前。
坂本龍馬……武市瑞山の土佐勤王党に加わる。翌年脱藩。

【世界史】
ナポレオン1世……テルミドールのクーデターを受け投獄。
ヒトラー……第1次大戦に志願兵として参戦。
チェ=ゲバラ……医学博士に。アルゼンチンの独裁体制を逃れ、中南米を遍歴。この旅の中で革命を志す。

【文学】
三島由紀夫……「青の時代」を発表。
村上龍……前年に芥川賞受賞。大学を中退。
村上春樹……早大在学中(6年目)。ジャズ喫茶『ピーター=キャット』開店。

【野球】
秋山幸二……初の(そして最後の)本塁打王を獲得、西武優勝に貢献。
新庄剛志……阪神在籍中、打率2割1分台なのにファン投票で球宴出場、セ・リーグ応援団から応援をボイコットされ、「帰れ」コールまで浴びる。

【サッカー】
中田英寿……自国開催のW杯でチームを牽引、16強入りを果たす。

【ガンダム】
シャア=アズナブル……クワトロ=バジーナの戸籍を得、連邦軍大尉となる。


うんうん、人生まだまだこれからですね。

頭が悪くなっても、お腹が出てきても、
もうちょっと、がんばってみましょう。
せめて、25歳らしく……ALL FOR 2017!
comments(0), trackbacks(1)
自己表現、あるいはアサーション。
category: 日記・雑感
日曜の夜、何気なくテレビでスポーツドキュメンタリーを見ていました。

その夜OAしていたのは松岡修造氏が世界に通用するテニスプレイヤーの育成を目的としてジュニアの選手を指導する「修造チャレンジ」の模様。
バラエティーで見せる「天然」「いじられ」キャラとは全く違う、彼の指導者としての一面にはいくつも考えさせられることがありました。

選手を厳しく叱咤するその一方で、トレーニングの意義や目的、その先にある「世界」というビジョンを示し、少年たちの内発的な動機付けを促す松岡氏。
相手が子どもであっても一切手を抜かず、自分の持てる技術、知識、熱意の全てをぶつける姿を見て、実は(失礼!)彼は素晴らしい指導者なのかもしれないなと思いました。

とりわけ印象に残ったのは「自己表現」の話。
松岡氏いわく、世界で通用するプレイヤーとなるために欠かせないものは「自己表現」だそうです。
その日の放送でフィーチャーしていた小学生選手も、優れた技術を持ちながら引っ込み思案で「自己表現」が苦手。
練習を終えた夜の「自己表現」をテーマとした講習で、曲に合わせて即興ダンスを披露するという課題が与えられたものの、恥ずかしいのかなかなか踊ることができない。

そこで「自己表現」の意義を松岡氏自身の体験(テニス留学時に皆の前で歌を歌うという課題を与えられ、そういう振る舞いは苦手だったが自身の殻を破って一生懸命に歌ったところ、そのキャンプの人気者となり、多くの優れた練習相手と練習パートナーとなる機会を得られた)を交えて語る場面があり、身につまされる思いがしました。


僕も基本的には、自分のことを人見知りで引っ込み思案な人間だと思っています。
(傍から見てどうなのかはわかりませんが)
かといって自分の殻に閉じこもっていても仕方がないので、意識してその殻を打ち破ろうと努力した時期も過去にはありました。
松岡氏の言葉は、そんな時期に自分が漠然と考えていたことにぴたりと重なるものでした。
翻って今は、どちらかというと傷つくことを恐れ、殻に閉じこもっている自分や、ヤマアラシのように他者を寄せ付けまいとする自分の姿が目立っているような気がします。


殻に閉じこもるのでもなく、ヤマアラシのように棘を突き立てるのでもなく。
こうして率直な思いをしたためるのも、ひとつの自己表現、あるいはアサーションなのかなぁ、と思います。
comments(0), trackbacks(1)
"opportunity"
category: 日記・雑感
高2の夏、僕らの学年の名物化学教師(といってもついぞ彼の授業を受けたことはなかったのだけれど……)に(半ば強制的に)勧められ『東大即応オープン』を受けたときのことを思い出しています。

僕らの通っていた高校では3年生でも誰も受けていないその模試を、
2年生数人が受け(させられ)るというチョット無謀な試み。
当時はべつに東大を志望していたわけでもなかったんだけど……。

結果はもちろんE判定(Dまでしかなかったかも)でした。
世界史の6点(60点満点)は忘れもしない、生涯を通じての最低得点率記録です。
ただ、数学と日本史に関しては(出題範囲のハンデを勘案すると)そこそこの得点ができたこともあり、
バクゼンとではあるものの、その時点での自分の立ち位置から赤門に至る長い長い距離を初めて実感できたことが収穫でした。

今にして思えば、結果にリスクが伴わないこの時点で自分の立ち位置を把握しておいたことが、その後の目標設定や動機づけをより明確で強固なものにすることを可能にしたのだと思います。
もしその機会が与えられず、そのままバクゼンと受験勉強を続けていたら……と考えると、その化学教師には感謝しなくてはいけないな、と思います。


いろいろと悩んではいたのですが、
今年の夏は、そんな機会を自ら作ることに決めました。
高校生じゃないんだから、待っていても機会は与えられないし。

『自ら機会を作り、機会によって自らを変えよ』

僕の好きな言葉のひとつです。
comments(0), trackbacks(0)
情熱の総和、熱量の飽和
category: 日記・雑感
先日、Kohutの理論が紹介された本を読みました。
自己愛と対象愛について、KohutとFreudの理論を比較した部分はとても興味深く感じました。
Freudは自己愛と対象愛がいわばzero-some構造になっているというモデルを採り、これに対しKohutは両者は別の発達過程であり、健全な自己愛の発達が対象愛の発達を促すというモデルを採っているようです。
(個人的には、マクロ的に観た発達モデルとしてはKohutに共感しますが、ミクロ的な感情の動きとしてはFreudの言い分もよくわかる気がします)

ここから『エネルギー保存の法則』というのを思い出したのですが、
最近よく、自分の『情熱の総和』を感じます。
やりたいこと、やらなくてはならないことはたくさんあります。
なのにひとつ何事かに注力すると、他の事は相対的に色あせて見え、自ずと努力を怠ってしまいます。
情熱を一本化して注力できているのならそれはそれでいいのかもしれませんが、やりたいこと、やらなくてはならない他のことに後ろ髪を引かれる思いもあり、結果として情熱に『抵抗』というエネルギーのロスが生じているように感じます。

仕事に、趣味に、交友関係に……妙に一辺倒なエネルギーの注力をするのではなく、適切なエネルギーの配分によって『抵抗』を減らすこともひとつの方法だと思います。


さて、精神的『エネルギー保存の法則』に対しては、
「おれはなにごとにも情熱がわかないけど……?」という反論も予想されます。
熱量が一定ではないじゃないか!ということですね。
確かにoutputする見かけの熱量としては一定ではありません。
ただ、その分内部に熱量が飽和しているとしたら……?
飽和した熱量は、やがて自身を焼き尽くしていくのではないでしょうか。



上手くまとまったかな??
comments(0), trackbacks(0)
自律+両立→自立?
category: 日記・雑感
ご存知のとおり僕はサラリーマンをしています。
それほど激務というわけではないのですが、
当然週7日のうち5日は仕事をして、
そのうち何日かは『家に帰ったらひたすら眠るだけ』です。

もちろん仕事以外にも趣味やprivateな人間関係に時間と活力をつぎ込まないといけません。
仕事以外に何事かを成し遂げようとすることは、
口で言うほど簡単じゃないように思えてきました。
『自律』という概念が重くのしかかります。
今のところお世辞にも『自律』できているとは言いがたいので、自分を取り巻く環境になにがしか変化を起こさなくてはいけないのかもしれません。

自らを律して、自分のやるべきことを仕事と『両立』していくこと……
『自立』につながる大きな課題だと思います。
comments(0), trackbacks(0)
}
Add a comment.
name:

email:

url:



Recent Entry.
Category
Archives
Comment

Profile
Calendar
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Search
Recommend
Friends
Links
URAWA Red Beans 《浦和赤まめ日記》
田口壮オフィシャルサイト
アブラブログ
Jリーグの観客動員数を語るblog

※world wide webにおいて一般に公開されているコンテンツに対するリンクはすべからく自由であるべきだとの観点に立ち、特にリンク申請等は致しておりません。
Mobile
qrcode
Sponsored links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM