スポンサーサイト
category: -

一定期間更新がないため広告を表示しています

-, -
【亜細亜戦記2007】神兵パレンバンに……降下す。
category: スポーツ(サッカー)
アジアカップ3位決定戦の地はパレンバンらしい。
以下は宇都宮徹壱のコラムからの引用。(http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/column/200707/at00014004.html

>ところがこのパレンバン、
>ガイドブックにも載っていないようなマイナーな都市らしく、
>アクセスも不便な上にホテルの数も少ないらしい。


パレンバンといえば、油田があるため戦時中に日本軍の落下傘部隊による占領(『神兵パレンバンに降下す』の画が有名)があったパレンバンでしょ?とツッコみたくはなったが、とにかくメディアも代表チームも行きたくなかったパレンバン。
残念なことに、オシムジャパンはパレンバンに降下することとなった。
続きを読む >>
comments(0), trackbacks(0)
【亜細亜戦記2007】中澤佑二の変貌、日本代表の展望。
category: スポーツ(サッカー)
アジアカップも準々決勝。
グループリーグの組み合わせに恵まれた日本としては、
ここからが本番と言ってもいいくらいである。

さて、よくよく日程を見てみると、移動や試合間隔の面で日本(もしくはベトナム)が有利な日程になっているのがわかる。
前回王者のささやかな特権、といったところか。

そのせいばかりではないが、オーストラリアを破ったこの試合は、優勝までの道程をいっそうくっきりと浮かび上がらせることとなった。
続きを読む >>
comments(0), trackbacks(0)
リアリストとしてのホルガー・オジェック
category: スポーツ(サッカー)
浦和レッズが川崎フロンターレに続いてACL決勝トーナメントに進出した。
2勝3分で迎えたグループリーグ最終節は、選手たちが口々に「最低限の結果」と言うスコアレスドローに終わった。

今季はリーグ戦、ACLともに今ひとつ「勝ちきれない」浦和。
試合の後半に積極的にカードを切ってゲームを動かそうとしないオジェックをサポーターは『山』などと評している。
実際のところ僕も膠着した試合になると「永井投入しろよ!」などとやきもきしながら観戦していることが多かった(とは言うものの相馬の故障中はサブで最も流れを変えられそうな選手が岡野という厳しい台所事情の場合が往々にして見られたのも事実だが)。

事実、この試合でも「何が何でも勝つ」という采配は見せず、オジェックにしては早いタイミングでの選手交代といえる長谷部の投入も中盤と左サイドの安定を図ってのものだった。
決勝トーナメント進出を決めるスコアレスドローは、安堵とともに軽い失望を埼玉スタジアムにもたらしたかもしれない。

だが、僕は逆にこの試合を境にオジェックに対する視線を改めることになりそうだ。
オジェックとはリスクを冒すことを恐れるあまりドローの山を築き上げる指揮官ではなく、平日に4万人を超えるサポーターを集める熱狂の渦の中で、ひとり冷静に、淡々と、そしてあくまで現実的に「勝ち点1で十分」と割り切ることのできる指揮官なのではないか----

 「今日の対戦相手は非常に強く、
  そしてレッズにとって非常に難しい試合になり、
  予選突破は非常に厳しかった。
  後になって、今日の試合結果がどうのこうのとは
  あまり語られずに、まずは予選を突破したということが
  語られるようになればいいと思う」

試合後の指揮官のコメントが、そのことを裏付けているようにも思える。

過密日程の中で積み上げた『勝ち点1』も、シーズン全体としてみれば大きな意味をもってくるはず。それを知るリアリストの指揮官と多彩な選手たちは、熱いサポーターの声を受けて突き進んでいくだろう----

ひとつ指揮官に注文をつけるとするならば、僕がスタジアムに足を運ぶ日くらいは、アグレッシブな采配を振るってほしいということである。
comments(0), trackbacks(1)
スタジアムをめぐる冒険 -07.04.15 国立霞ヶ丘陸上競技場 J.LEAGUE DIVISION 1 柏レイソル - 浦和レッドダイヤモンズ -
category: スポーツ(サッカー)
先の東京都知事選では、2016年の東京五輪招致を唱える石原慎太郎氏が3選を果たした。
招致の現実性はさほど高くなさそうだが、招致が実現した場合は臨海部に新設する競技場がメインスタジアムになるとのこと。
交通アクセスやセキュリティ面の問題があるとはいえ、新スタジアムの建設はその後の運営もふくめて考えるならばいくぶん『もったいない』気もする(ヴェルディの本拠地にでもするつもりなのだろうか……?)。
『もったいない』印象を受けるもうひとつの理由こそ、43年前のオリンピックでメインスタジアムとなった、国立霞ヶ丘陸上競技場の存在である。

基本的にこのスタジアムは、どのクラブのホームスタジアムという扱いも受けない。(※2000年に東京スタジアム=現・味の素スタジアムが未成のため例外的にFC東京のホームスタジアムだったことはある)
天皇杯をはじめ、ヤマザキナビスコカップ、ゼロックススーパーカップ、全国高校サッカー等の決勝戦が行われ、今でこそ日産スタジアムや埼玉スタジアム2002に多くを譲るものの日本代表戦で数々のドラマを生み出してきたこのスタジアムは、日本サッカーの『聖地』と称され、聖地であるがゆえに中立性を保っている(この考えは国際問題にも応用してほしいものだが……)。


国立は4年ぶりくらいだろうか。
ジーコ監督就任から数試合目となる日本代表の親善試合(余談:結果的にこの試合は筆者が中田英寿のプレイを生で観る最初で最後の機会となった)以来、2回目の国立は、期せずしてJリーグ序盤戦の天王山となった。

思っていたより自由席の割合が多く、バックスタンド中盤の上段に陣取ることが出来た。聖火台の真横から見下ろす深緑のピッチとメインスタンドの後方に見える東京都庁・ドコモタワー・KDDIビルといった高層ビル群とのコントラストに、不思議な気分にさせられる。


中立のはずの国立でなぜ、Jリーグの試合が行われるのか。
試合後にこういう書き方をするのはアンフェアかもしれないが、その理由がそのまま今日の勝敗に直結した気がする。
本来、柏レイソルのホームゲームは日立柏サッカー場もしくは柏の葉公園総合競技場で行われる。
序盤戦とはいえ大事な首位決戦なのだから、選手やスタッフにとってもホームスタジアムでの開催してほしいところだっただろう。(もっとも、開幕前にこの試合が首位決戦になることを予想したものは皆無だろうが……)
興行的には国立開催は大正解。レイソル経営陣は、日立台や柏の葉のキャパシティをはるかに超える3万5千人を超える観衆を集めることに成功した。
ただここで留意しなくてはならないのは、その集客の過半数が浦和のサポーターによるものだったという点。
要するに柏の経営陣は、ホームのサポーターの後押しを受けて王者・浦和と戦うことを捨て、集客力のある浦和サポーターからの入場料収入を選択したというワケ。
入場門をくぐったあたりで近くを歩いていた女性サポーターが「あ、そういえば一応柏のホームゲームなんだよね」と漏らした感想は言いえて妙だった。
一見すると誰もが浦和のホームゲームかと勘違いしそうな雰囲気の中で、『アウェイ』浦和が磐石の試合運びを見せ、快勝。
柏の選手・サポーターにとっては菅沼・李忠成の代表招集での欠場もさることながら、せっかくの首位決戦をみずからのホームで開催できないことが残念だっただろう。
ピッチの上での攻防もさることながら、チーム経営というピッチの外でのそれぞれの攻防が垣間見えた一戦だった。

試合後は駅の混雑を避け、外苑を歩いてみた。
大都会東京にあってこの一帯は緑も多く、東京体育館などの建築物にも目を奪われる、都内でも好きな場所のひとつ。
歩きながら再び、ここにオリンピックが戻ってこないことを残念に思った。


試合の寸評は以下に。

続きを読む >>
comments(0), trackbacks(0)
}
Add a comment.
name:

email:

url:



Recent Entry.
Category
Archives
Comment

Profile
Calendar
SMTWTFS
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Search
Recommend
Friends
Links
URAWA Red Beans 《浦和赤まめ日記》
田口壮オフィシャルサイト
アブラブログ
Jリーグの観客動員数を語るblog

※world wide webにおいて一般に公開されているコンテンツに対するリンクはすべからく自由であるべきだとの観点に立ち、特にリンク申請等は致しておりません。
Mobile
qrcode
Sponsored links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM